フォア・ローゼズ・ウイスキーは、ポール・ジョーンズ・ジュニアーが設立した同名の蒸留所で製造されていた

「ストレート・バーボン」の呼び名

この蒸留所は、1920年から1933年にわたるアメリカ合衆国での禁酒法時代の期間も

「薬用」バーボンの蒸留製造を目的として、当時、例外的に法に抵触しない蒸留製造の恩恵を得ていた稀な

事業者の一つである、フランクフォート蒸留製造社を取得合併して、バーボンの製造を継続した様です。

1943年に、カナダのシーグラム・グループが、フランクフォート蒸留製造社を再取得合併し

フォア・ローゼズ(Four Roses、四つのバラ)の銘柄で、ブレンド・ウイスキーの製造を開始した。

国内市場においてフォア・ローゼズ・バーボンが継続的な成功を収めたにも関わらず

シーグラムは、アジア及び欧州の市場に販売を集中させるため

アメリカ合衆国へのバーボンの販売を停止した。数十年紀のあいだで、この銘柄は、ジム・ビームに次いで

世界中でもっともよく売れているバーボンの一つ。

こちらのバーボンも比較的飲みやすい感じのバーボンです。

ただ年代ものになっていくと飲み口が少々ヘビーになりますので

初心者の方は気をつけてください!